2017/03/07

先日書いた記事がバズッた件について個人的に思った事

 

Pocket

【この記事の所用時間:約 7 分】

みなさんのおかげというか、運が良かったと言いますか..
先日書いた記事がありがたくもバズりました。

 

スクリーンショット(2015-03-01 5.52.19)

 

 

先日書いた記事

WordPressでAmazonリンクをきれいに貼る方法

 

 

3ヶ月間ブログを書き続けてきてほとんど鳴かず飛ばずの状態が続いていたのですが、
ここにきてようやく一気にきましたね。

 

自分でもラッキーな出来事だったと思いましたし、正直言ってビックリしました。
「バズる」経験後、しばらくは夢見心地だったなと思いますね。
 

 

バズを狙うのは難しい

 的

「バズる」って言葉自体、僕自身初めて知ったのが2、3ヶ月前の事で、
それを知ってからただなんとなく「バズればいいな」と思っていたくらいなんですね。

 

ちなみに「バズる」って言葉の意味は、TwitterやFacebook、はてぶなどで拡散されて、
SNSで急激にアクセス数が膨大な数に膨れ上がる事を言うんですね。
「今話題になっている事」「流行になっている事」とも言い換える事が出来るようです。

 

元々は造語で、「バズ」に「〜する」をくっつけたもので
主にTwitterで使われ事が多かったようですね。

人によってはフォロワー数が何十万といますので、
たった一つのつぶやきがもの凄い拡散する事だってあり得ます。
(場合によっては拡散力の桁が他のSNSより2、3違います)

 

 

「バズ」=ハチがぶんぶんと飛び回る様

という意味があり、周囲がそのうわさ話でざわざわするって事にも言い換えられます。

 

「バズる」事を狙って記事が書ける人もいるようですし、
僕みたく運良くたまたまバズるって事もあるようです。

 

中にはバズを狙える人もいるようなのですが、
それなりの場数を踏んでいかないと難しいのかなと思います。

 

今回はある属性の方に役立ちそうな情報をピンポイントでまとめておいたので、
それが功を奏し、この記事を書いている現時点でははてぶが38も付いていました。

 

ただ、先ほども述べたようにバズるまで、丸3ヶ月以上はアクセス100前後で
ただひたすら横ばいという状態だったんですよね。

自分で渾身の出来の記事を投稿したとしても、ウンともスンとも言わなかったんですね。
もはや夢のまた先の出来事の話だと思っていました。

 

バズった記事を上回るものを意識してしまい、記事が書けなくなる

記事

 一度バズってしまうと、何やら無言のプレッシャーのようなものが出てくるんですよね。
(他の方は分かりませんが)
それゆえ、読者の方の期待に応えられるように肩に力が入ってしまうんですね。

 

一度バズると快感ですし、その後もまたバズらせたいと思ってしまうんですね。
そうなってくるとバズった記事と同等、あるいはそれ以上のクオリティが必要だと
そう感じてしまうんです。
そうなってくるとプレッシャーがかかってくるんですね。

 

特にバズった直後はその余韻が1〜2日続きましたし、
ものすごいテンションなので記事を書くどころじゃないんですね。
パチンコで言ったら確変した状態なんだと思います。(パチンコしたこと無いですけど)
マリオがスター取って無敵状態が続いているような、そんな感覚に陥ったんですよね。

 

でも、そんな無敵状態が終わってしまうとしばらく手が止まってしまったんですね。

 

もちろん、プレッシャーをそこまで感じてしまう必要も無いんですが、
なんとなく自分の中で「前回の記事を超えなくては」っていう意識が強く芽生えてしまうんです。
まぁ、プレッシャーを感じてしまうという事はそれだけ真面目に取り組んでいるが故と
捉えていく事も出来ると思うんですよね。

その分、自分の成長にも繋がってきますし。

 

 

記事がきちんと書かれている=信頼が出来る

そう、読者にとっても感じてもらえるものになるのだと思います。

 

アフィリエイトでも何でもそうだと思うんですけど、
やっぱり信用がおける人からでないと記事を読もうと思わないですし、
アフィリエイトで商品を紹介をしても購入してくれる人もいないと思いますね。

 

記事の内容もそうなんですが、誤字脱字だらけの文章だったら

 

「この人頭悪そう〜」

と、捉えられてしまうので、信用のおける文章であるだけでもいくらか軍配が上がるはずです。
僕も気をつけてはいるのですが、たまに誤字脱字があるので気をつけていきたいと思いますね。

 

 まとめ

最終的な感想として、うれしいかそうでないかと言うとかなりうれしい。

バズって以降、短期間でも勢いが衰える事無く伸び続けていたのはある種快感だった。
いや〜、ブログを書いていてこれほどまでにうれしい事が無かったと思う。
それだけの出来事であったのかもしれない。

 

ただ、何と言うか実感がそれほど無かったという感想も実はあったんですね。

 

「あらら、バズった」

って感じ笑。(まぁ、瞬間的な高揚感はもの凄かったんですけどね!)

 

これが一生続けば良いなとも思いましたが、そうもいかないですし、
もし仮にこれで記事を書く事を辞めてしまったらそれこそ無駄になってしまいますよね。

 

なので、バズったという事実は結果として受け止めておいて、
今度はまたいかにアクセスアップ、あるいはバズらせられる記事を書けるのかを
追求していく次第ではありますね。

 

すでにバズらせた経験が何度もあるブログ仲間の方も
狙ってバズるような記事を書くのは難しいと言っていますし、
それほど簡単にバズ経験を得る事は難しいのだと思います。

 

ただ、バズ経験があるのと無いのとでは違うのかなと思います。
その後の記事の質の向上に繋がってくるのかなと個人的には思っておりますし。

もし、この記事をよんでくれているあなたがまだバズる経験をしていないのであれば、
なるべく早くこの体験をしてもらいたい。

この記事が仮に少しでも役に立ててもらえるのであれば幸いです。

 

 

まぁ、最終的にはブログで生活出来る程度の収益を上げていく事が目標なので、
アクセスアップはその一助になってくればと思いますね。

 

バズったとは言え、まだまだアクセス数も目標値に比べたらまだまだなので、
僕自身、これからも精進していこうと思いました。

 

根本的に、独りよがりではなく、読者にとって価値のある情報を提供していくスタンスを続けていけば
いずれはバズる経験も出てくるのだと思っています。

 

 

またバズりたい〜。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message