2017/03/07

いつまでPVを上げるために時間を消耗するつもり?

 

Pocket

かわいいなコニャチクショー。
ども、ヒデキです。

いつまでなんでしょうね〜?
とりあえず2、30万PVとかいったらスゴいんだろうなというくらいです。

PVを上げる事ってブログを書く人にとっては一つの目標と言うか、
達成したら達成したでそれだけでもステータスにもなってくるのかなと思うんですね。

 

月間100万PVのブログを運営しています!(ドン!!)
って言ってしまえば何となく「おぉ〜。すごそー!」って感じになると思うんです。

そりゃ、100万どころか10万PVもいかないブログがゴロゴロしている中、
そこまでのアクセスをたたき出しているブログってほんと
数えるくらいしか無いんだろうなぁと思うんですね。

 

ちなみに、僕はブログ開設後7ヶ月かけてようやく1万PVに到達した程度の凡人です。
ブログを開設した当初は半年で10万と大口を叩いていた結果、
このような結果となったんですね。

まぁ、当時は根拠もなくさも自信があるかの如く振る舞っていたので
良い勉強にはなったのかなって思っていますかね。

そんなまだまだ発展途上国のヒヨッ子ブログなんですが、
ちょっとずつ記事を書くコツも分かってきたのでこれからまたしばらく時間をかけて
10万20万とPVを増やしていけたらなって思っていたりするんです。

PVを増やす事のメリット

PVが増える=より多くの人がブログに訪れる

って事になってくるんだと思うんですね。
それだけその属性にあった人に求められるコンテンツを
生み出している事になっているのだと。そう思います。

という事は、言い換えるとそれだけ世の中の人に必要とされて
価値のあるものを生み出しているという事に繋がっていくんです。

特に1記事あたりのPVが高ければ高い程、クオリティも高いものになってきます。

僕は人気のある記事の修正を重ねていった結果、
多い日に一日70アクセスのある記事に育ったものもあります。
ちなみに一日平均だと3〜40PVくらいのアクセスがあるものですね。
それが多いかどうかはわかりませんが、まずまずといった所なんじゃないですかね?

数字になってしまうとなんとなく見えづらくなってしまうんですが、
ディスプレイの向こう側にもきちんと人が居る事を自覚しておきたい所ですよね。

1PV=1人の人

そういった認識は忘れずに持ち続けたい所ですね。
あなたのブログのアクセスがカウントされるのも
訪問者の方が興味・関心を持って訪れた結果になってくるのです。

 

当然、ある程度それが報酬となって現れてくる事に繋がってきます。
トレンドブログなんかを見ているとアドセンス収入がメインとなってくるので
それこそPVの数が命といったところなんですね。
クリック率が平均0.1とかの世界ですし、多ければ多い程に越した事はありませんからね。

一方で、ブログを集客として考えている場合は見込み客となる人を集めたいのであれば
何十万とは言わず、7、8万PVでも良いという人もいます。
要はブログの方向性にもよってくるんでしょうね。

ただ、まぁそれを抜きにしてもやはりPVはあればある程良いとは思いますよね。

 

PVが増える事で生じるデメリット

PVが増えるという事は、それだけの人に見られる
あるいは注目されているという事になってきます。

月間10万PVとかになってくるとほとんどの記事が上位表示されてきますし、
それだけ良くも悪くも注目を浴びてしまう結果になってしまうんです。

言い換えれば検索されたキーワードに関するスペシャリストな内容というわけですからね。
Googleの検索エンジンも優秀なわけですし、それだけ世の中に広げられる価値のある記事に
なってくるのだと思うんです。

ただ、場合によってはそれだけ誹謗中傷の的になり得てくる可能性も出てくると思うんです。

 

どんな聖人君子のような心構えでもって記事を書いたとしても、
それにイチャモンを付けてくる人ってたまにいます。

僕はブログではまだそういったコメントを貰った事はありませんが、
以前ツイッターでは批判コメントがあったんですね。

その時は1週間はツイッターにログインが出来ないくらい落ち込んでしまったんですが、
全く耐性が無いと精神的に応えるものだなと感じましたね。

他にも炎上商法が上手いイケダハヤトさんなんかも多方面から色んな中傷コメントが来るようで、
場合によってはそれに耐え得るくらいの精神力が必要になってくるのだと思いますね^^;

 

PVを増やす事よりもPVの質を上げる事に力を注ぐ

ただPVを上げる事に力を注ぐのでは芸が無いなって思います。
もちろん、PVが増える事に越した事は無いのですが、
それだけになってしまうと単発に終わってしまう可能性があります。

なぜなら、リピーターになってもらえずに「ハイさようなら」
で終わってしまっている事になっているからです。

 

僕も以前、記事数を増やせばPVも上がるだろうと思って
ただ闇雲に記事を量産していった時期がありました。

しかし、いくら頑張って記事を更新しても上がらず、
終いにはモチベーションも下がって更新しない時期が一時期あったんです。

そこで対策としてやってみたのが過去記事のリライトでした。

 

それまでは記事単体というイメージで書いて終わっていたのですが、
所々に工夫して内部リンクなどを差し込む事によってそこで回遊率が上がったんですね。

リンク先の記事がどうしようもないと意味ないんですが、
そこまで力を抜かずにユーザー目線で丁寧に作り込んでいく必要が出てきます。

するとどうでしょう?
元々、どんなに頑張っても一日150PV程しかなかったものが
ひと月ほどで500PVを越すまでに成長したんです!

関連記事:過去記事をリライトしたら、一ヶ月でPVが3倍になった!

PVの質が上がってくればそれだけ価値のあるブログへと
成長していく事になっていくんです。

 

1PVあたりお金に換算するといくら?

PVがいくらあってもそれがお金にならないのであればこれほど虚しい事ってないんだと思うんです。
そりゃ、達成感だったりモチベーションアップのきっかけにはなり得てくると思うんです。

ただ、やっぱりそれだけじゃね..。
収益化するきっかけが無いとやる気も徐々に落ちてしまいます。
それに、収益化の方法によってPVの値段も変わってくるので何とも言えない所もあります。

 

僕が知っている限りではアドセンスの収益によるものは
大体1PVあたり0.2〜0.5円が相場だと聞きます。

アドセンスってクリックするだけなので簡単なように思われがちですが、
色んな試行錯誤を重ねていかないとクリックすらほとんどされないんですね。
なので、僕もあながちその0.2〜0.5円ってのは間違いではないんだと思いますね。

ですが、たとえば「ノマド的節約術」さんなんかは1PVあたり1円を切った事が無い
という方もいるくらいです。

つまり、PVの数がそのまま収益になってくるという事も可能ではあるという事のようですね。

もっとも、そこにいたるまでに幾多の試行錯誤を
繰り返し行っていく事になってくるのだと思いますが..。

 

さいごに

「僕はプロブロガーになるつもりはない」

「じゃあ君は何になりたいんだ」っていうコメントはとりあえず置いてください^^;

なんていうか、プロブロガーってなんなのか良くわからないんです。
お金が収益として発生する仕組みを作っている時点でプロになるのかもしれないけど、
かといって、それで「自分はプロブロガーです」と名乗りたいと思わないんです。

そもそも昔から「自分は◯◯になりたい」というのが無かったので、
そういった心理が良くわからない。
その都度「面白そうだな」と思った事はあったのだけれど、
それが長続きしたというものはそうたいして無かったわけだし。。

 

元々どこにも属する事なくいる事が好きな気質であったので、
放浪癖があるというか、そもそも自分が何になりたいというのが無かった気がする。

結局は生きる為にお金を稼がなくてはならないのではあるが、
体を壊してまで無理に働きたくないなぁ。
別に手抜きって訳でもないけれど、ラクにお金を稼げたら良いなって思う。

 

あえて言うのであればニアイコールってところ。
必ずしも似せなきゃいけないって事もないだろうし、
似せたからと言ってどうこうするようなものでもない。

一応、ブログを書いている身としては「ブロガー」のくくりになってしまうんだと思うけど、
将来的には別のナニかでいたいなって思う。
少なくとも創作活動家でありたいなって思う。

ちなみにブログのタイトルの由来もここから来ているような気もする。
文章を書くという事もある意味で創作活動の一つとして位置づけられる訳ですし。
ものを生み出す事は時として大変な事もあるけど、
それを乗り越えて生み出した時の快感はたまらなかったりする。

こうしてブログを書いてPVを上げようと試行錯誤を繰り返す行為も
ただ単に面白いという事もあるが、一番は自由でいたいという気持ちが大きい。

そこで結果的にあらゆるメリットを兼ね備えたものがブログというものだった。
そこに尽きてしまう。

 

最終的にとりとめの無い文章になってしまったんですが、
ブログって面白いなと思う反面、一度つまずいてしまうと
そこから抜け出せない時もあったりするんです。

これは何の分野でも言える事なんだと思うんですが、
面白みを持って続けられるって事が財産なのかなと思うんですね。

ブログ以外にもしかしたら面白いメディアが生まれてしまったら
今度はそっちに揺れ動いてしまいそうな気もしないでも無いのかもしれませんねw
今はブログが第一ですがね。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message