2017/03/07

一つ一つの小さな成長を見逃さない事がブログで成功する為の条件

 

Pocket

【この記事の所用時間:約 8 分】

 

この頃思う事は、ブログの更新を続けていくとPVはおろか、それに比例してポチポチと収益も上がってきている事ですね。

1週間、2週間と更新が途絶えてしまえばそれだけPVも収益も上がる事無く平行線or下降してしまうんだなと思わされました。

 

ほんと初めの2、3ヶ月くらいはまったくの無収入に近い状態でしたし、PV(ページビュー)も今の10分の1以下だったのでとても苦しかった覚えがあります。

ただ、その頃はある意味で修行期間であると割り切って地道に更新を続けていく事にしていたんですが、それでも更新を続けているとちょっとずつ些細な変化が見られるようになってきたんです。

 

相変わらず道無き道を進んでいるところもあるので王道とは 言えない部分もあるものの、経験してきた事によって分かりえてきた事をシェアします。

 

<スポンサーリンク>

 

思っている通りに結果が出ていない時はどのように対処すれば良いのか

 

全体的に平均して2、3ヶ月頑張っていけば何かしらの成果が表れてくるようです。

速い人は1ヶ月目で成果が表れてくる人も中にはいるのかもしれませんが、それはそれで尋常ではない程の作業量をこなしているか、余程良い師匠にアドバイスを受けたか運が良かったかのどれかなのかなと思うんです。

ただ、そういったケースを除き、(仮にそのようなケースだったとしても)いくら頑張っても思っている以上に結果が出てくれない事ってあるなと思うんです。

僕もいくら頑張っても、うんともすんとも言わなかった時期を経験しました。

 

主に、

 

・単に向いていない

・やり方が間違っている

・試行錯誤していない

・勉強が足りていない

・モチベーション、やる気が続かない

 

ざっと例を挙げるとこのような感じになると思います。

頑張っても結果が出ていないのはその人のやる気そのものにもよるんですが、(記事を書いてても2、3行とか)ブログを含め、情報発信をしていく事で収入を得ていく為には相応の「価値」を読み手に与えていかなくてはなりません。

 

例えて言えば週間連載のマンガみたいなもので、読者に「面白い!」と思われなければ徐々に巻中、巻末連載となり、知らないうちにフェードアウトしてしまう結果になってしまいます。

もちろん、個人で運営しているブログなので締め切りがある訳でもないので自分のペースでもって更新を続けていければ良いのですが、それでも半年とか更新が途絶えてしまっているブログには、そのブログを読みたいという読者はほとんどいないでしょう。

 

もっともブログの場合、検索エンジンで上位表示されてしまえば自然とアクセスも集まってくるのである程度構築してしまえば完全ではありませんがある程度の安定はします。

それでも上位表示されるにふさわしい記事を書くまでには少なくとも3ヶ月〜半年くらいはかかってしまう事が普通です。

そしてそれを維持していくにも日々実践と勉強をくり返して少しずつブラッシュアップしていく必要があるんです。

 

それでも続けられているのであれば自分に向いているという事でもありますし、万が一向いていないのであれば自分に向いている道を探せば良いだけなので。

自分を表現する事が出来うる媒体がブログでないのであれば固執する必要もないんです。

その上でブログを表現手段として使うのであれば、何かしら役立てるようなポイントはこの記事にも散りばめていますね。

 

仮に特別な才能が無かったとしても、(あるに越した事はありませんが)別に悲観する必要もありませんし、それならば正しいやり方を愚直にこなす事をしていければ道が拓けてきます。

それに、スランプというのは真面目に取り組んでいれば誰しも 訪れる事なので悲観し過ぎる必要もありませんし。

 

先日読んだ本でスランプに陥った時にどのように対処すれば良いのか?

参考になりうるものだったのでシェアしようと思います。

 

「人生山あり谷あり」だとは言いますが、仮に「谷」であったとしてもそこにも意味があります。

「谷」の時期をどうすれば乗り切れるのか?

チーズはどこへ消えた?」と同じ作者ですね。1時間程でサクッと読めるものなのでおススメです。

 

<スポンサーリンク>

 

動機がどこにあるのかを見定める

 

結局はつまるところ、

「何の為に情報発信をするのか?」

だと思うんです。

 

ブログって結局は自分が伝えたい事を発信していく為の道具なんですよね。

ビジネスをやるにしてもそうですし、日記なんかでもそうですし。

 

まぁ偉そうに言って僕自身、動機がどこにあるかちゃんと定まっている訳ではないんですが(苦笑)

あらかじめ情報発信をしていく際の大まかな方向性が定まっていた方がブログ全体の統一感を出しやすい事は言えますね。

もちろん、それが徐々に見つかってくる場合もあるので、まずは「好きな風にやってみる」事から始めていきましょう。

 

いずれ点と点が線になる事に繋がってくるので、そういった準備期間として色々と試してみると良いと思います。

 

初めから効率を重視しすぎない

 

「手っ取り早く10万欲しい」

 

そう思ったりする気持ちも分からなくはありませんが、何の準備も無しにそれを達成させる事は困難です。

たまたまマグレでそうなる事もあるかもしれませんが、(僕も聞きたいくらいです)そこで一発当たったとしても継続して稼ぎ続けていく事は非常に難しい。

 

やはり、相応の行動力と継続させる意思が無い分にはどうしても単発に終わってしまいます。

結局は一番めんどくさい作業ではあるんですが、「継続」をしていかないとリターンとして返ってくる事はあり得ないんです。

大変なんですけどね…。

 

そこで、コツコツと続けていくと、その分だけ経験が積み重なってきます。

例えば、Google アナリティクスでアクセス解析を行ったりしながら

 

「自分のブログに何が足りないのか?」

「アクセスが集まっている記事はどれか?」

「クリックされすい記事はどの記事か?」

 

などを見いだしていく必要があります。

そうでないと、いくら頑張って更新を続けていったところで目立った躍進も無く、モチベーションを 保つ事も保つ事もままなら無くなってしまうんです。

マグレで当たる事はあるかもしれませんが、分析を 重ねて確実に積み重ねていく事の方が将来的には揺るぎのない財産として蓄積されてくのです。

 

要は、「急がば回れ」です。

これまた大変かもしれませんが、結果が出ていないのであればもうちょっと頑張りましょう。

 

まとめ

ブログを含め、自分の力でもってネットで成功iしたいのであればある程度の中・長期間の忍耐は必要です。

初めは中々上手くいかない事だらけではあるんですが、ひとつ、またひとつと同じ箇所を打ち続けていればいずれ何らかの反応が出てきます。

そこに至るまでは人によって長い人もいれば短い人もいます。

僕自身、成果が見え始めるまで9ヶ月はかかりましたし、このブログを作る前に何個かブログを放置している状態のものもあるので、それらを含めたらざっと2年くらいはほぼゼロに近いような状況でした。

 

闇雲にやってもいけませんし、かといってインプットに終始してしまうのもいけません。

なので、バランスよく少しずつでも前に進んでいられると感じられるように一歩ずつ進んでいく感覚は持ち続けていきたいところです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message