2015/06/04

【ブロガー必読】ネタ切れを感じてきたらやっておきたい3つの行動

 

Pocket

【この記事の所用時間:約 6 分】

ブログを書く人にとってネタ切れは結構深刻な問題です。

なぜなら、書いた記事がそのまま収入源となってくる訳ですし、
ブログがメインの収入源であれば死活問題に発展しかねません。

 

ブログで収入を得る人=長距離マラソンランナー

とも言い換えられるからです。

ランナー 画像

 

しかも、ゴールは無いんです!!
グーグルのアルゴリズムが変動しても
ビクともしない記事数であるならばある程度は問題ないんですが、
そこに至るまで結構な時間がかかってしまいます。

僕はまだまだそこまでに至っていないんですが、
月間10万PV〜でもいければ大分確立してくるようですね。
ただ、やはりそこに至るまでには相応の努力は必要となってきます。

もちろん疲れた時は休んでいいと思います。
そうでないと作業効率も下がってしまいますし、
無理にモチベーションを上げる事は辛い事ではあります。

 

ただ、どうしてもブログで収入を得たいのであれば
開設初期の更新はどうしても必要です。

なので今回はネタ切れになってしまってもまたすぐに更新が出来るよう、
記事ネタを発掘するためのヒントをまとめておきたいと思います。

とにかく本を読み漁る

読書 画像

ネタが無くなってしまったのであれば知識を蓄えるまでです。
もうね、これに尽きるよ。

本は知識の宝庫なので、世代を超えて読み継がれているものや
業界で有名な方がおススメする本なんかは良書である確率が高いです。

何でもかんでも読めば良いという訳ではないのですが、
一応、見分けるポイントとしては


・今話題になっている本
・10年以上に渡ってもなお読み継がれているもの
・その業界で名が通っている人(出来れば5人以上)のおススメ本
・自分が関心の持っている本(雑誌、漫画でも可)

といった所です。

自分の興味のある本を読んで追求していく事も良いのですが、
長期的な広がりを持たせるためにも良書となる本に
出会う必要もあります。

そんな、生きる上でこの本に出会った事はほんと良かった。
マジでやばい

 

他にも、アフィリエイト関連では最近買って良いなと思ったのがこの本ですね。

 

普段参考にさせてもらっているEnjilogさんがブログで紹介していたものなんですが、
主にアフィリエイトで収入を得ていく為には勉強になるものです。

情報教材なんかは詐欺まがいなものがあって当たり外れが大きいですし何よりも金額が大きいです。

初期投資としてあまりお金をかけたくないのであれば読んでおいた方が良い一冊ですね。
本という媒体の中では、具体的で有用な情報が詰まっています。

値段も一般書籍とほとんど変わりませんし、そういったメリットもある一冊でした。

 

それと、ネタを探す際にインターネットではなるべく探さない方が良いです。

ネットだと調べたい情報を簡単に手に入れる事が出来るのですが、
それゆえ誘惑もかなり多いからです。

たまたま目に留まった広告をクリックしてしまったが故に
そこから芋ずる式にどうでも良いような情報が目に飛び込んできます。

でも、なんとなく面白そうだからクリックしてしまう..。
そうやって時間だけが過ぎてしまう事もかなりあります。

現にそれでこれまでにどんだけ無駄な時間を過ごしたか..。

参考になる人の記事など、最低限の知識を得る為に必要なものだけに
留めておくようにしておきましょう。

 

色んな体験をする

体験 画像

体験記に勝るネタ発掘方法はありませんよね。
実際に体験をした上で書かれた記事というものはそれだけ思い入れもありますし、
熱量も違うので、そのぶん人に記事の情熱が伝わりやすいからです。

特に、ブログの良い所は自分の言葉でもって書けるので、
体験がそのまま記事にする事が出来るというメリットがあります。

たとえばレビュー記事なんかがそれに当たるのかと思われますね。
実際に使ってみた感想をそのまま記事にして書く事で、
これから購入をしようか迷っている読者の為に役立ててもらう事が出来ます。

もちろん、何でもかんでも褒め過ぎるとかえって信用を無くしてしまうので、
褒める所は褒めた上でデメリットとなる部分も記事にしておきましょう。

5段階評価で点数づけをするなど、読者の判断基準となる記事を心がけたいところです。

 

読者の立場に立てば分かりやすいと思いますが、

「この商品を買おうかな?どうしようかな?」

そう思っている方にとって役立つ情報が好ましいです。

最終的にはその商品を買ってもらう事が目的になってくるのですが、
そこはまたコピーライティングの腕の見せ所になってきますね。

極力読者目線で記事を書く事を目指していければ
自ずと見えてくる箇所が出てきます。

 

過去の記事を元に違った切り口で記事を書いてみる

更新

ある程度記事数が溜まってくると、過去に書いた記事を見直す機会も出てきますね。
そこで自分の成長を実感出来るか、あるいは過去の反省点が見えて落ち込む事もあります。

ブログを始めた頃の記事を見直すとほんと酷い有様です..。

毎日コツコツと更新をし続けていればそれほど進歩している感覚が掴み辛いかもしれませんが、
半年、一年前の記事を見直すと驚く程進歩している様が伺えます。

 

それに、情報の流れも早いですよね。
特にWebに携わる人やブログを書く人にとっては
最新の情報をキャッチ出来る能力というものは直接収入にもなり得るので
感覚を磨いておきたい所です。

 

「過去の自分はこういっていたけど、様々な経験を踏まえて
今ははこちらの考え方が良いと思っています」

そういった具合に過去記事を取り上げてみては付け加えてみては補完していく。
そんな作業は必要です。

 

ビフォー・アフターで過去記事を取り上げてみて、
それをネタに記事を書く事で継続されていきます。

間近の記事を取り上げてもさほど効果はありませんが、
読者にとってメリットのあるカタチでの更新は必要ですね。

 

まとめ

ブログに限らずともスランプというものは誰しもに訪れます。
そんな時に「自分はどうすれば良いか」を模索しながら日々が勉強です。

実際のスランプというのは辛いもので、出口の見えない時期に思えてしまいますが、
突破口となるものを見いだしていく為にも自らの行動が必要不可欠です。

なので、結局は最終的に根性論になってしまうんですが、

がんばりましょう!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message