2017/03/07

芸能人によるラインスタンプ荒らしが酷い?!

 

Pocket

【この記事の所用時間:約 5 分】

 

ここ最近、芸能人の方がラインスタンプ作りに参入しているニュースを聞きます。
最近見たニュースでは、元AKBの光宗薫さんがラインスタンプ制作を発表したようですね。

 

ソース・Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141210-00000319-oric-ent

 

以前俳優の田辺誠一さんがラインスタンプを発売した事が記憶に新しいですね。

 

元々「画伯」と言われているおかげもあり人気もありましたからね。
それで販売までわずか2、3日程度だったそうです。

 

一般の方は個人差もありますが、販売に至るまで平均2〜3ヶ月とかかるみたいですが、
それに比べると芸能人の方だと申請から販売までまるで光の速度のごとく早いそうです。

 

これはLINE運営側が「これは売れる」と判断したモノに限り、
承認スピードを速めるといったものかと思われます。

 

売れたスタンプの収益の半分はLINE側に渡る訳ですから、
当然知名度のある芸能人の方が有利に働くという事は当たり前だと思います。

 

 

言い換えてしまうと、知名度の無い一般人が対抗するという事は
アリが巨大な人間に立ち向かうような感じですかね。
もっとも、ハンターハンターのキメラアントには人間側は苦戦しましたが。
(ハンターハンター知らなかったらすみません^_^;)

 

元々、一般人の名も無きクリエイターでも平等にチャンスがあるように
開かれたサービスではありました。
(少なくとも、僕は初めそのような認識でいました)

 

とはいえ、結局は「平等」という言葉は始めからあり得ないものだなと思いますね。
やっぱり人に知られない事には何をしても効果は見えませんので。

 

元々は絵心さえあれば画力は関係なかった

 

このラインスタンプのサービスが公表される事によって、
新規の方も気軽に参入する事が出来ました。
そしてその中の上位数10名の方がひと月に数100万だかの利益を得ています。

 

しかも中には絵に関しては素人の方も入っているので、
絵心さえあれば画力に関してはそこまで重要ではない事もあります。
(もちろん画力がある事に超した事はありませんw)

 

一般人が対抗するにはコンテンツ内容とSNSがカギ?!

 

僕が所属している某ラインスタンプのグループでは
20日間で18000ダウンロードもされている方もいるので、
仮に芸能人が参戦したからといっても敵わない訳ではありません。
(さすがに個人で対抗するには限界もありますが)

 

結局、知名度の無い一般人が対抗していくには地道な努力が必要だと思います。
コンテンツに関してはどのような人が使うかをしっかりと意識して作るように心がけた方が良いですよね。

 

もしそれで「使いたい」と思って購入してくれた人が少なかったとしても、
実際に使われて認知度が広がっていけば徐々にダウンロード数が増えてくれるはずです。

 

でも、やっぱり始めから認知度が無いよりはあった方が良いです。
そこでまずはツイッターやらブログやらFacebookなどのSNSを使って
フォローを増やして販売前から宣伝をしておきましょう。

そしてそこで知り合った人との交流を楽しんでください。

 

フォローの数が多ければ多い程購入を見込んでくれる方も多くなってくれるはずです。
値段も100円なのでそんなに抵抗も無くダウンロードしてくれるかとは思われます。

 

ただ、明らかに下心見え見えでむやみにフォローを増やさないようにしてくださいね^_^;
実際の人間関係でも同じですが、あくまでも勧める形だったら

 

そんなに抵抗は無いと思います。
いきなり「買え買え〜」って来たら誰だって逃げてしまいます苦笑。

 

結局は人間関係が大事で、それを無くしては成り立つ者も成り立ちません。
購入してくれる人がいるからこそ作者にお金が入る訳ですからね。

スタンプを作るのが人間ならば使う方も人間ですからね。

 

 

ついでに販売予告

 

まだ審査が通っていないのでいつ発売になるか分からない段階ですが
フライングで告知だけしておきます笑。

今回はこれが僕の記念すべき第一作品のスタンプですね。

 

ねこ大福

 

 

当ブログの至る箇所に掲載しておりますが、
こちらは「ねこ大福」というキャラクターとなっております。

 

元々猫好きという事もありましたのでこの作品に至りました。
また、「猫って伸びるしモチっぽい」という割と単純な発想からも生まれました。
ちなみに苺大福がモチーフです。

 

中身まで甘いあんこで出来ているので、ついつい甘えてくるキャラクターというのが
隠れたコンセプトになっています笑。

 

気に入ってくれたら販売後、ダウンロードしてくれるとうれしいです^ ^

 

ではでは、この辺で。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message