2017/01/21

「安全な道」と「楽しい道」とではどちらの道の方が良いのか?

 

Pocket

 

先日、Facebookを開いていたら、
僕のタイムラインにこのような記事が流れてきました。

「マスク」でおなじみのコメディアンのジム ・キャリーのスピーチです。
動画は1分程で終わるのでサイトにアクセスして是非観てください。

 

一分で人生が変わる

 

サイトのURL : http://tabi-labo.com/30883/jimcarrey/

 

今の自分自身にとても響くメッセージでした。

 

安定を求める人生にも失敗はある。

ならば、好きな道を歩んで失敗する事もいいじゃないか!

 

一度敷かない人生、挑戦を続ける事。
それに情熱を注いでいこうと、後押しされました。

どの道が一番良い選択なのか?

 

可能性

 

人間誰しも、「安全でいたい」という欲求を持ち合わせています。

ですので、これまでは最低限の生活が送れるよう、まともな職について
賃金を稼ぐ事が生きていく上で必須条件でありました。

 

そのために勉強をし、良い学校に入り、安定的な良い仕事に就く事を両親は望み、
子供らには良い教育をさせようと普通の親であったら必死になる訳です。

 

僕自身、過去に家庭内でごたごたがあり、両親は離婚する結果になりましたが、
それでも良い教育を受けられるよう、中・高校・大学と良い教育をさせてもらいました。

 

結局、国立には行けず、大学も私立となってしまいましたが、
それでも良い大学を出させてもらった事に感謝しております。

 

ただ、そうとはいえ今後の人生を考えた際に、

 

「このままでよいのだろうか?」

 

と、考えるようになってきました。

 

大学は都内の美大に通う事が出来、好きな事を勉強する事が出来ましたが、
それはあくまでもその先に良い就職先を見つける為であって、
安定的な人生を歩む事が前提となっていました。

 

もちろん、最低限生活をしていかなければならないので、日本が学歴社会である以上
学歴というものは日本で生きていく上でとても重要な位置に占める事になります。

 

ですが、今の世の中、学歴があれば良いという事は無くなりました。

 

良い大学を出た所で、良い人生があるとは限らない

 

将来の不安

 

生きる上で、勉強をするという事は 必要です。

ただ、それが良い学校に入り良い仕事に就くという事が
目的であったのであれば、必ずしも意味をなすという事はありません。

 

2013年に流行語にもなった「ブラック企業」の 増加により、
仮に良い企業に勤めたとしても過労やストレスによって
死を選ぶ人が沢山表れました。

 

日本の年間自殺者数は3万人以上いるみたいですが、
実際にはそれを遥かに上回る人が亡くなっているはずです。
しかし、そう言った事はニュースでは取り上げられません。

 

そんな中で、安定を求めて仕事に就くという事のどこに

希望を見いだせばよいのでしょうか? 

 

絶望の中に見いだした希望

絶望の中の希望

 

 

この記事の冒頭でも話した通り、安全な道であったとしても失敗してしまう事だってある。

 

せっかく良い会社に勤める事が出来たとしても
他企業からの吸収合併によりリストラを余儀なくされてしまう事もあり得ます。

 

今や、終身雇用も崩壊しつつある日本の企業の
どこに希望を見いだしていけば良いんですかね?

 

「下がる給料」「将来貰える保証の無い年金」..

 

若い世代であればあるほど、
これまで安定と言われてきた事が通用しなくなっていきます。

 

ならば、リスクを負ったとしても好きな事に挑戦してく事が良いのではないか?

 

リスクを負って自分で道を切り開いていく事が「安定」の近道

リスクを自らとる

 

例えば、このサイトではネットビジネスについて記事を書いています。
(イラストやラインスタンプについても書いてありますが)

 

始めはこの「ネットビジネス」という言葉は胡散臭いと思われるかもしれません。
僕自身、一部の怪しいネット起業家のせいで良い印象というものは持ち合わせていませんでした。

 

「どうせ人を騙してお金を稼いでんでしょ?」

という具合に、よく知りもせずにそういった先入観に囚われていました。

 

ですが、その中でもアフィリエイトと言われる手法は
とてもすぐれたビジネスモデルだと思います。

 

人に粗悪品を売りつけるのではなく、
お客さんにとって良いと思われる 商品を買ってもらう事が出来るからです。

しかも、一度システムが出来上がってしまえば
半永久的に何もしなくても自動で毎月収入を得ていく事が出来るのです。

 

この「自動で」っていう部分は引っかかるかもしれませんよね。
これは、一度サイトを作り込んでしまえばそのサイトに訪れた人が
気に入った商品を購入してくれるからです。

サイトの力がついてきたらSEO的にも優位になり、ページの上位表示もされるようになるので
自然と集客をする事も出来ます。

言わば人里離れた山奥に自動販売機を設置するのと
大都会の真ん中に設置するのとでは購入率が全然違います。

販売機を設置する際に場所代などのお金はかかるかもしれませんが、
そもそもSEOに強いサイトを作っているのであれば、
最低限のサーバー代を除きお金もかかりません。

 

楽天やアマゾンなどのオンラインショッピングが最たるものですよね。

特にブログは24時間年中無休で何もしなくても働き続けてくれます。
それによって空いた時間を好きな事に費やしていけば良いのですね。

 

それこそ、好きな時に映画を見たり絵を描いたり寝転がったりする事が出来ますね。

 

ネットビジネスにはリスクが少ない

少ないリスク

 

ネットを介した仕事というのは初期費用がかなり少なくても始める事が出来ます。

 

ネットでお金を稼ぐ為に必要な準備① 〜ブログ解説編〜

 

こちらでも解説しているように初期投資は多くて2〜3万円程度に抑える事が出来ます。
教材代金を含めて最低限4〜5万ってところでしょうか。

これは実際に商売をする為の店舗を構えるよりも遥かに安く済みますよね。
なんせ、たったそれだけの金額を毎月払っていくだけで
場合によって数百万の利益を得る事も可能です。

 

そしてそのくらいの投資も出来ないのであれば、
自分でビジネスをやっていく資格はありません。

 

自分でリスクを負うという事はとても勇気のいる事ではありますが、
それと同時に「自由」をつかみ取るチャンスも広げていく事が可能です。

 

今はネットを使うビジネスによって、
サラリーマンで稼ぐ賃金をたった数年で稼いでしまう事が出来る人が増えています。

しかも、その中には20代の方もかなりいるみたいです。

 

もちろん、誰もが出来るという保証はありませんし、
僕が進めたからと言って、この記事を読んでくれているあなたも
彼らと同じような億万長者になれるという保証もありません。

 

ちなみに、僕は生活していく為に必要なお金と、
自分の好きな事が出来る自由な時間が欲しい為にこのネットビジネスを始めました。

 

成功するという保証は100%ありません。
ですが、どのみちに進んでも失敗を犯してしまうリスクは十分にあります。

 

だったら自分の思うがままに進めば良いじゃないか!
たった一度の人生、悔いの無い生き方をしようと思う。

 

まとめ

この記事を読んでいかがでしたか?
中には「夢物語だ!」などと思っているかもしれません。

ですが、 これまでに夢を叶えた人達は、周囲の反対を押し切ってまで
夢を追い求め、達成する事が出来ました。

周囲の誰もがあきれる中、ライト兄弟は空を飛ぶ為に果敢に挑戦を続けてきました。

発明王と言われるエジソンは電球一個を発明する為に
1000もの理論を編み出してきたそうです。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message