3年間ブログを運営していて思った事。ブログで食べていく為に。。

 

Pocket

 

ブログを書いていた3年間を振り返ると色んなことがありました。

元々は論文作成のため文章を書く事に慣れるという意味合いもありましたが、始めた当時はまだ学生の身分でありましたし、お金も全然無かったので、ブログをやる事がそのままお金になるという事が僕にとってとても魅力的に見えたんですね。

 

ただでさえ制作に追われる日々でありましたし、アルバイトはしてみるもののどれも続かないというどうしようもない性分ではあったので、「将来どこかしらの会社に就職しても続かないだろう」と、将来に対する不安と絶望で押しつぶされそうな日々を送っていたような気がします。。

そういった中、「パソコンとネット環境が備わっていればお金になる」といった半ば半信半疑でありながらも、自分のライフスタイルであったり、元々引きこもりがちな性分である自分にとってこれ程相性のいいものは無いものだと当時は思いました。

 

また、ブログを通じて約2年ほどはギャラリー等での展示活動をする事となりましたが、それを踏まえてブログを通して自分のやりたい事が少し実現する事が出来たという意味でも貴重な体験となり得たのかなと思えます。

 

<スポンサーリンク>




 

独学でやってはダメ、絶対!

 

独学で収益を得るためのブログを運営する事は時間の無駄でしかないと、初めの1年くらいの失敗を経て痛感させられました。苦笑

記事を書けどアクセスは伸びず、当然ながら収益もゼロでしたので、今思えばいかに自分のやり方が間違っていたのかを痛感させられましたね。

 

特に初めの頃は無料ブログでアフィリエイトをしており、アメブロやらA8.netが運営するファンブログ で記事を書いていたという。。。

ファンブログはやり方次第では収益にもなってくるのでまぁ良いとして、アメブロはアフィリエイト出来なかったり、規約違反をすれば「即アカウント削除」という事態にもなり兼ねないので、被リンク獲得などとして割り切らないと(今はそれほど効果があるとは思えないけど。。)これほど無駄な時間は無かったかなぁと。。

 

初めのうちは特に「被リンク?なにそれ」というのもありますが。笑

まぁ、最近は自演で被リンクを送ったとしても効果はいかほど?なのか知れませんが…(おまじない程度なら良いのかも。。笑)

 

で、そもそも有料・無料ブログの違いすら分かっていない初心者であればケチケチせず思い切って商材なりブロガーさん同士が集うオンラインサロンにでも入会して「イロハ」を学んでおいた方が全然いいです。

無料の情報に固執するあまり、要らぬ遠回りをしてしまう事にもなり兼ねませんので。。。

 

一つのブログで月10万円の壁は意外と高い…?

 

こればかりは個々の能力であったり、置かれた環境によって違いがあるのだとは思います。

自分の得意分野の報酬単価が高く、収益に繋がりやすいものであれば月10万円の壁は人によってそんなに苦も無く突破する事も出来るかもしれません。(ただしその分ライバルが多かったりもするでしょうし、アドセンスで収益を上げるならばそもそもアクセスが必要だったりもするでしょう)

 

ただ、個人的に言えば3年間ブログを運営して感じた事はブログ単体で月10万円を超える事は難しいなぁという印象を受けました。

ちまたではネットで収益を得ている人の9割が月5000円も稼げていないというデータもあるくらいですし、10万以前に月2~3万ですら稼げる人は限られてくるという事とも言い換えられる事でしょう。

 

月5万円であれば才能は必要ない。継続あるのみ

 

トップブロガー・トップアフィリエイターとなれば月100万~1000万を稼ぐ人も居るみたいですし、その領域に達する事が出来る人というのは極々限られた人しかなれないんだなと思わされます。

たぶんどこの業界でも言える事なのかもしれませんけど、やっぱりトップに君臨する人というのは天才的な才能がありますし、それを活かすための努力を惜しまず、スキも全く見せません。

 

ブログやアフィリエイトから離れますけど、絵の世界に関して言えば、僕は展示活動を始めて2年程度でしたが並大抵の努力だけでは到底太刀打ちの出来ない「天才」と呼ばれる人が居るのだという事を思い知らされました。

このようなごく一部の人と言うのは元々備わっていた才能もありますが、話を聞けば聞くほど一般人とは比べられない「覚悟」を持っています。。。

 

トッププレイヤーである以上、傍から見たら成功者として見られるものの、そこに至るまでの努力やプレッシャーというのは並大抵のものでは無かったと思います。

仮にその道で食べていく事が困難になってしまったとしてもその道でやっていこうとする強い意志が彼らの意識の中にはあります。

 

もちろん、ブログで食べていく事を目標にするにしても覚悟は必要となってきます。

やればやるほどわかってくる事だと思いますが、ブログを使った集客・収益化を目的とする以上、その奥深さであったり難しさというものが分かってくるんですよね。

 

<スポンサーリンク>




 

やっぱりブログはやってて良かったと思う

 

とはいえ、やはりそういった一握りの人しか生きていけない世界に比べるとブログ・アフィリエイトを含め、ネットビジネスというのはあらゆる職業の中でも敷居が低いと言いますか。

たとえ失敗してもサーバー・ドメイン代が無駄になるくらいなので、そもそもリスクが低いという事が分かります。

なので失敗をしてもまたすぐに別のブログを作り直したりする事でリカバリー出来ますし、借金を追ってしまうリスクもほとんど無い。

 

それにある程度構築してしまえばほとんどほったらかしでも良いですし、月に何度かメンテナンスをするだけでも十分ですからね。

ちなみに自分は構築した後3か月ほど放置していた事がありました。。^^;(真似しないでくださいね!)

 

まぁ、稼いでいる人であったり、筋が良い人などを見てしまって自分を振り返ってしまうとその無力さに愕然としてしまう事は多々ありますがね。。

ただ、それでも最低限のセーフティネットというか、月に5万円あるのと無いのとでは生活も変わってくるのではないかと思うんです。

 

月5万円程度であればとりわけ特出した能力が無かったとしても、正しいやり方でやっていけばどんな人でも1年くらい頑張れば達成可能なものだと思います。

早い人であれば初月から突破する人も中にはいるみたいですけど、それはそれで才能でもあるんじゃないかなぁとも思えてしまいます。笑

 

まとめ

 

「ブログはセーフティーネットになる」とは言ったものの、他に収入源が無い状態でブログ一本でやろうとするには個人的にはリスクがあると思います。。

自分がブログを始めた頃はまだギリ学生だったという事もありましたけど、最低限のサーバー・ドメイン代の分はせどりで家にあるものを売ったり、絵の依頼を受けてそれで得たお金を自己投資として教材を購入したりするなどをしていました。

 

そういった意味でもスキルがあれば多少なりとも生活の足しにはなるのかもしれませんが、衝動的な思い付きだけで「ブログで食ってく!」というのはやはりリスキーじゃないかなと。

なのでもし自分には人がお金を払いたくなるようなスキルを持っていないというのであれば、手っ取り早くアルバイトをするなり不用品を売るなどをしつつ今後の軍資金を蓄えていく方が現実的なやり方だと思います。

 

手っ取り早く働いてお金を稼ぐのもアリですので、全国各地のアルバイト情報が掲載されているバイトルを活用してみたりして自分に合ったアルバイトを探してみるのも良いですよね。

短期のバイトもあれば、最短一日のバイトもあるので気軽に始める事が出来るでしょうけど、収入の柱の一つとしてブログが安定するまではしばらく続けておくのもアリだと思います。

バイトルはコチラ▼▼

バイトルドットコム

 

僕の知り合いの方でもそういう人居ますからね。

生きるためであったり、自分のやりたい事をする為には手段を選んでいる余裕もありませんからね。

もちろん犯罪的なものなどはダメですがw

 

 

<スポンサーリンク>




 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message