2018/02/22

3秒で簡単設定!アドセンスレスポンシブ広告のデザイン指定方法

 

Pocket

 

この記事を読んでいるあなたが「Googleアドセンスを利用して広告収入を得ている」という場合、もうすでに取り入れているかもしれませんが、掲載される広告にレスポンシブサイズという広告があります。

この広告に設定するだけで、PCからでもスマホからでも、その画面に応じて適したサイズで表示される優れたものなんですね。

しかし、自動で最適化されるとは言え、もしあなたが「四角い広告を表示して欲しいな~」と思っていても、場合によっては縦長だったり横長だったりと。。。

そこで、この記事では自分が設定したいデザインの設定方法について、備忘録としてまとめておきたいと思います。やってみると簡単なので、是非やってみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

レスポンシブデザインの形状を指定する方法

 

「個人的にはなるべくレクタングルで表示して欲しいんだけど…」

と思う事も多々あるのですが、その方が見やすかったりもしますし、ある程度は形の決まった状態にしてもらいたいですよね。そこで、レスポンシブのアドセンスのコードを取得した際、このような感じになると思います。

style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-************”
data-ad-slot=”**********”
data-ad-format=”auto“></ins>

この、赤文字で書かれたautoという部分を以下のような記載に変更する事で、レスポンシブのデザインを変更する事が出来るようになります。これが「auto」のデフォルトの状態のままだと、縦長だったり横長だったりな状態となってしまいます。

・四角 = rectangle
・縦長 = vertical
・横長 = horizontal
・自由 = auto

これで、四角・縦長・横長などの形を決める事が出来るようになります。

場合によっては記事に反映されるまでしばらく時間がかかってしまうので、反映されるようになるまでしばしお待ちください。m(_ _)m

 

まとめ

 

今回はちょっとした小ネタでした。

このようなほんのちょっとした作業でも怠らずにやればサイトの見栄えなりが良くなって結果的にクリック率も変わってきますからね。めんどくさがらずにやるだけでも成果が変わってくるので、是非やってみてください。

 

<スポンサーリンク>

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください