独身・単身者の休日の過ごし方9選。家に居ながらでも楽しむ方法

部屋

スポンサーリンク

 

あなたは休日の日にどのような過ごし方をしていますか?

あるいは休日でなくとも、急な仕事のキャンセルによってその日にやるはずだった仕事が無くなってしまった際に、急に手持ち無沙汰になってしまう事もあるかもしれません。

 

既婚者の方やお子さんが居る場合、パートナーと外でデートをしたり、妻あるいは夫や子供たちと公園や遊園地に遊びに行ったりする事でしょう。

一方で単身者、独身の方の場合、仕事で忙しかった日常から解放されると、途端にやるべき事を見失ってしまうような事もあるかもしれません。

 

20代後半から30代、40代に差し掛かると、徐々に結婚する人も増えてくる為、休日の在り方も変わってくるかもしれません。一方で現時点では特に予定のない独身者の休日というのは、時間を自分の好きにできる反面、いかんせん暇を持て余してしまう事でしょう。

人によっては仕事で人間関係に振り回される日々を過ごしているせいか、「休日くらいは一人で部屋でゆっくりしていたい…」と、そう思う気持ち個人的にわからなくもありません。

ただ、いざ休日になった際に何もせずに漠然と休日を消費するのも、なんだかもったいないような気にもさせられます。

 

この記事では、「休みの日くらい好きにしたいものの、何もする事が無い人の過ごし方」についてまとめてみました。

休日が暇な方にとって、少しでも有意義な休日を送る上でのヒントが見つかると幸いです。

 

家から出たくない理由

 

最近は外出を自粛する日が続いているので、それに伴い以前よりも在宅する時間が長くなりました。

ですがそれに加えて、様々な理由によって外に出たくないという事もありますよね。

 

外が寒い、あるいは暑い

 

特に真冬、あるいは真夏の気候の際にはエアコンの利いた部屋から一歩も外に出たくないものです。

冬の寒い時期は布団から外にすら出たくもない程ですし、こたつに入ってぬくぬくとしていたいですよね。

真夏の猛暑日の場合、わざわざ日に焼けてまで外出をしたいとは思わないものです。よっぽどの事が無い限りはガンガンにクーラーの利いた部屋の中に居たいものです。

 

外出するのがなんとなく面倒

 

家にいる事自体が好きな人にとっては、これといった予定が無い限りは外出するのが面倒だという方も居るようです。

個人的にも、特に必要と感じられなければ家に居ながらでも大抵の事は事足りますし、食べ物はあらかじめ買い溜めをしておいた食材でどうにかなるものです。

最近はコロナ禍によって配達サービスが充実してきた為、好きな時に食べたいものを注文する事も可能になりました。

めんどくさがり屋な人にとって、よっぽどのことが無い限り外に出なくても快適に過ごす事が出来てしまう時代になったなと思わされます。

 

人と会うのが面倒

 

「休日くらいは一人で過ごしたい」、「そもそも人と接するのが面倒」という人にとって、一人で過ごす休日というのは貴重な一日であるとも言えるでしょう。

自分のペースを乱されたくないという方であれば、人と会う事よりも自分の時間を大切にしたいという方も少なくはないかもしれません。

 

 

外出するとお金がかかる

 

外出すると交通費や食費、その他諸々お金がかかってしまうので、あまりお金を使いたくないというのであれば外出自体あまりしたくないものです。

給料日前でお金が無かったり、今月何かと出費が多かった場合は必要最低限な暮らしにならざるを得ない事もあります。

「必要以上にお金を使いたくない」というのであれば、家から出ずにお金が無くても出来る事で、その日を過ごす事も出来てしまいます。

 

 

家でできる事

 

以上の理由から、外に出なくとも部屋の中で充実したいと考えている人も居る事でしょう。

休日は趣味に時間を費やすのも良いですし、時間を潰せるものがあれば特別何かをする必要もありませんね。

 

 

映画・ドラマのイッキ観

 

仕事が忙しいあまり、録画はしておいたものの、観る時間が無かったドラマや映画を休日に一気に観るのは、休日の過ごし方の定番と言えるかもしれませんね。

仕事で忙しいと録画リストに溜まっていく一方ですが、休日に観たいドラマを一気に観るのもまた一つの楽しみ方でもあります。

 

あるいは、今期は観たいドラマが無かった場合は、動画配信サービスを利用すれば観たいドラマや映画、アニメなどの視聴をする事が出来ます。

観たかったけど映画館に足を運ぶ間もなく上映が終わってしまった映画など、休日の空いた時間を使って観るのも良いですね。

 

動画配信サービス

 

ネットショッピング

 

普段は仕事で買い物をしている時間が無い時など、Amazonや楽天などで休日に配達指定しておけばその日に商品が家に届きます。

Amazonのプライム会員になっていると、日付指定だけでなく、送料無料や当日配達といったサービスもあるので、利用する側にとってはとても便利なものだと思わされます。

 

またPayPayアプリをインストールしている方で、Yahoo!ショッピングを利用している方は、日曜日、あるいは5のつく日ですと平日よりもポイントを多く貰う事が出来るので、個人的にこちらもおススメです。

特に高いものを購入する場合、人によっては最大15~20%のポイントが還元される事もあるので、休日の暇な時間を使ってお得に買い物をする事も出来ます。気づけば、ポイントだけで数千円分の付与がされている事も。

また、付与されたポイントを使った「ボーナス運用」をする事で、余ったポイントを使って運用することが出来るので、さらにポイントを増やせたりもするのでコチラもおすすめです。

 

大手通販サイト

 

ゲーム(オンラインも)

 

コロナ禍の巣ごもり需要に伴い、任天堂switchやプレイステーションなどのゲーム機の販売が一時品切れに陥るまでに至りました。

私自身も個人的に、この機会に携帯用の任天堂Switchを購入したのですが、かなり久しぶりのゲームですが時間を忘れてハマってしまいましたねw

大作となるとソフト一本当たり7~8千円しますが、時間つぶしとして最適なミニゲーム等の場合、数百円でからウンロードが可能です。

品薄状態も解消されてきているので、今なら店頭で購入する事も出来ますが、大手通販サイトでも気軽に購入ができる状態となりました。(2022年1月時点)

 

 

チャット・通話

 

一人でできる事に限界を感じてしまうと、人との交流を求めてしまう事もあるかもしれません。

普段は仕事上での付き合いばかりになってしまうと、今後の将来を見据えた際に出会いを求めてしまう事も自然なことだと思います。

最近はマッチングアプリのようにスマホ一台で異性と繋がる事が出来るようになってきています。

 

ですが、「でも、マッチングアプリってなんか怪しくない?」と考えてしまうのも無理もありません。

ひと昔前ですと出会い系サイトなどがありましたが、最近はSNSの普及に伴い、それらと同様に当たり前のようにあります。

仕事でなかなか出会いが無いと思っている場合、こういったアプリは助かるものでもありますね。

 

筋トレ

 

家にいる時間が長ければ長いほど、それに伴って運動をする機会も減り、筋力が衰えてきてしまいます。

在宅時間が長くなることで、体重が増えてしまった人が増えてきているといったニュースを耳にする事があります。

日々の健康の為にも、室内でできる筋トレやトレーニング等をする事も必要です。

 

読書・勉強

 

「せっかくの休日なのに何もしないのはもったいない!」という頑張り屋な人にとって、普段から仕事で忙しくしているにも関わらず、急に何もしない時間が出来ると暇を持て余してしまう事となってしまいます。

資格取得のために勉強をしたり、将来に備えて投資の勉強を始めるなど、普段仕事で忙しい時にはできない事をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

家でゴロゴロ

 

日々を忙しく過ごしているあまり、「休日は何もしたくない」という方も少なくないと思います。

昼過ぎになっても布団の中にもぐっている事もあれば、ようやく起きたかと思えば特に何もせず部屋でゴロゴロしてしまうなど、「お前は猫か」と自分自身にツッコミを入れたくなる時もあるほどです。

特に冬場になると布団、あるはコタツから出るのも嫌になるので、至福の時であると言えるでしょう。

 

創作活動に打ち込んでみる

 

前から興味があった事にチャレンジをしてみるのも良いですね。

今はSNSが発達してきているので、自身で撮った写真や描いたイラストなど、Twitter等にアップして反応を伺ったりするのも気軽に出来ます。

人知れず創作活動に没頭してみるのも良いですが、承認欲求が出てくると発表してみるのもまた面白いかもしれません。

 

部屋の掃除や模様替え

 

ふと部屋の中を見渡すと、モノで散乱していたりすると、気分転換に部屋の掃除をしたりレイアウトを変えてみたりするのも休日にしか出来ない事でもあります。

タンスの配置を少し変えただけで空間が広がったりするなど、やってみると新たな発見もある事でしょう。

見慣れた空間が変わる事で気分もリフレッシュする事が出来ますので、定期的に部屋の片づけをしてみるのも良いものです。

 

 

まとめ

 

独身・単身者の休日の過ごし方についてまとめてみました。

こうしてみると、一人の時間でも楽しむ方法はあるものと思わされますね。

せっかくの休日ですが、それをどうするかはその人次第ですので、良くも悪くも貴重な一日を費やす事となるでしょう。

 

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

「好きな事を気ままに」をモットーに日々を生きております。美大を卒業後、現在はブログでの生活を模索中。ブログと同時進行で絵の制作もしております。このブログでは、絵の描き方についてであったり、なるべく自分がやりたい事をやって生きていく為の方法について書いています。最近は日本の文化・行事についても興味があります。これを読んでいるあなたに、何かしら参考になる記事があれば幸いです。