2017/02/20

一人が好きで何が問題?一匹狼の人にありがちな9つの特徴

 

Pocket

【この記事の所用時間:約 10 分】

 

先日、大学の研究室の打ち上げでの飲み会があったんですが、論文提出直後という事もあり、皆疲れていたせいか初めは盛り上がりに欠けていました。

僕の研究室の方々はほとんどがアジアからの留学生なので、少し特殊な感じはありますよね。中盤以降、独特な盛り上がりになってきましたね^^

ただ、これ自体に特に問題はないんですが、ふとした瞬間に「自分は一人の方が好きなのかも?」と思う事が多々あります。

 

..ところで、美術系の人って少し変わっているというか割と個人行動が好きな人が多いのかな?と思えてしまいます。

集団行動に依存しないという点では自立しているようにも見えますが、それにも良し悪しがあります。

なので、今回は「一人好き」な方について個人的にちょっと思った事をまとめておきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>

単独行動が充実してしまっている

一人の時間が充実している

一人の時間が充実している

 

一人だと食事をとれない人って時々見かけます。ですが、一人が好きな人にとってはそういった人の気持ちが理解しづらいのです。自分で決め、判断してやっていく事を決めていく。そういった意味でも自主性に優れていると言っても過言ではありません。

もちろん、社会生活を営む上での団体行動には時に合わせる事も必要というのはあります。ですので、あまりにもベタベタした関係ではなくて適度な距離感を保ちつつ、なるべく接していたいといったところです。

 

最近ではスマホやらパソコンやらでネットに繋がる環境さえあればいくらでも時間を潰せてしまいますからね。

僕の場合、無料のオンラインゲームをやり始めた日にはもう止まらなくなってしまうというか..。

 

例えば、無料のYahoo!モバゲーのZOOキーパーとか、ハマる人はハマっちゃうんだろうなって思いますかね。

次から次へと新作ミニゲームが更新されるので、暇つぶしに持ってこいと言ってしまえばそれまでなんですけど。

 

ただほど高いものはありませんけど、課金せずに時間つぶすのであればしばらくは遊ぶ事出来ちゃいますよね。

 

皆が盛り上がってくるとなんだか申し訳なくなってくる

申し訳ない気持ち

申し訳ない気持ち

 

これは僕個人が勝手に思ってしまった事です苦笑。

普段一人でいられる生活に慣れてしまったので、盛り上がるタイミングが掴めなかったりします。

 

「一緒に盛り上がった方がいいかな?」

 

と、一応は合わせるものの本心では乗り気ではないため結局は単発に終わってしまいます。

 

まぁ、お酒が入ると必ずと言っていい程口が回る人がいるので自分が話すよりも聞き役に回っていた方が案外楽しかったりするので黒子役に徹してしまうんですが。。

しゃべるのが苦手な人は会話を弾ませる事がちょっと苦手です。特に一人が好きな人は会話も面倒に感じてしまいます。

 

ただ、それは結局のところなんだかんだ言って相性にもよるのかなと。

 

一人の方が仕事がはかどる

一人の方が効率が良い

一人の方が効率が良い

 

大なり小なり、一人好きな人は言い換えるとマイペースであるのかもしれません。

マイペースと言う言葉自体、一般的にはあまり良い印象では無い事なのかもしれません。

 

ただ、それはあくまでも共同でやらなければならない仕事であったり、集団生活をしていく中で足並みを揃えていかなければならない時には足かせになり得てしまうというものです。

在宅で出来る仕事で生計を立てていけるほどであれば、人間関係のストレスも溜まる事も無いですし、一人好きにはもってこいかもしれません。

 

一方で、一人きりだと出来ない仕事が無いとも言い切れませんよね?

特に会社ぐるみでの大きなプロジェクトであったり、ある程度の人数がいないとこなせない作業量の仕事も世の中には数多く存在します。

 

自分が以前勤めていた派遣先の業務などでも仕事仲間との連携作業が無いと余計なトラブルに発展する恐れがあったり、もしくは事故にあってしまう危険性も兼ね備えてありました。

一概に良いとも言い切れませんが、世の中の大半はある程度人数がいる事でまわるような仕事で出来ています。

 

しかし、一方で一人で仕事or作業をする事の方がメリットがある仕事も世の中にはあります。

 

もちろん仕事の納期には間に合わせる必要があったりしますが、周囲の騒音に邪魔されずにじっくりと取り組む研究職であったり、画家などといった孤独の中での制作などといった仕事なんかがそうです。

たとえば自営業なんかは主に一人でやる仕事ですし、自分のペースでもって仕事をしていくため周囲の環境に左右される必要もありませんよね。

 

他にもプログラマーなどといった職業も、最低限打合せ等で人と接する場面はあるものの基本的にはパソコンに向かってする作業の方が多いため、人間関係の煩わしさに悩む必要も少ない事でしょう。(ただし相応のスキルは必要になってきますが)

仕事の人間関係に悩まされるくらいであればその場ですぐわかる転職力診断 @typeで自分に合いそうな仕事を見つけるという事も選択肢の一つとして有効です。

 

【関連記事】

一人で出来る仕事14選まとめ

 

<スポンサーリンク>

時々「自分って冷たい人間なんじゃないか」と思う事がある

冷たい

冷たい

 

先ほどのものが行き過ぎてしまったパターンですね。一人で行動する事が苦にならなくなってくると自然と周囲から孤立しがちになってきます。

これってその他の大多数の人から見たら不思議な光景に見えるのかもしれませんね。自分から好んで単独行動をしているのにも関わらず、大きなお世話って思います。

 

まったく知らない人と話す事が嫌いではない

知らない人との会話

知らない人との会話

 

一人好きとはいえ、意外にも一期一会の出会いを大切にする人は結構います。

そう言う人って今後もう会わないかもしれないその出会いというものに価値を感じてしまう事があります。

 

こういう人って英語が話せない割に外国人の方と仲良くなるケースが稀にあります。案外、一人で海外旅行とか楽しめるタイプなのかもしれませんね。

 

「結婚?はて…?」というイメージ

結婚..?

結婚..?

 

一人の生活が充実してしまうと徐々に「自分で何でも出来てしまうのでは?」と思う事があります。そうなってくると誰かといる事自体が面倒に感じてくる事もあります。

今はコンビニもありますし、生活していく上で必要なものは簡単に手に入る事が出来ます。アマゾンを利用すれば家から出なくても家具家電でも揃ってしまいますよね。

【関連記事】

ネットでのまとめ買いはAmazonが便利。食品等のおススメ9選

 

わざわざ外出しなくてもインターネットが使える環境であれば何でも揃ってしまう時代です。

一昔前までは世間体もありましたし、結婚をする事で一人の人間として認められる風潮でしたが..。

 

それに、今は独身を貫いている人も少なくはありませんよね?

「独身貴族」という言葉が現れたように、ハイスペックの人材でありながら結婚を選択しないという人、増えているくらいです。

 

あるいは「高等遊民」といった所でしょうかね?

 

まぁ、高等遊民を現代風に言い換えると「セレブニート」になってしまうのでこれはごく一部に限られた人にしか成り立たないものですが。

わざわざ結婚をしなくても生きていけると思っている人います。ディスプレイの中の人と結婚するというニュータイプな人間も居ますからね苦笑。

 

ただ、そうは言いながらも20代後半、30と年を重ねていくと気も変わって結婚を考えてしまう事も無い話ではありませんよね。。

果たして今の自分と相性が良い人が現れるのかどうか分かりませんが、まずは試しに楽天オーネットのような無料で出来る結婚診断をしてみるのも良いかもしれません。

 

人と感動を分かち合いたいと思う事があまりない

 

これは、ちょっと黄信号ですね…。

さすがに一人が好きとは言え、ずっと一人でいるという事は堪え難く感じてしまいます。

 

今の時代ネット環境がほとんど揃っているのでパソコンを使えば知らない人とでも会話が出来ます。その分、バーチャルの世界での人間関係が出来てくるので、尚更現実世界の人間関係が疎かになっていきます。

まぁ、Skypeの通話機能などで会話する事が出来るので全く別物って訳ではありませんので人によってはそこまで違和感を感じる人もいないかもしれません。

結局は画面越しとは言え、同じ人間を相手にする訳です。ただ、実際に会って分かち合う事とそうでないのとでは違う感覚になってしまうよなと思います。

 

一緒にワイワイとやる感覚が薄れていくんだろうなと思われます。

 

<スポンサーリンク>

最初は一人が淋しかったけど徐々に慣れてしまった

 

たぶん、これが「一人好き」の最終形態なのかもしれません。笑

 

ただ、やっぱり人間ですからずっと一人でいるとふいに人肌が恋しくなるときがあります。

これは強がっている時や他の事で気分を紛らわせる事が出来ているうちは良いのかもしれませんがある段階になってくると突然絶望感が襲ってきます。

 

一人でいる事にどこまで耐えられるものだろうか…?

結婚に対してまだ諦められない気持ちがあるのであれば、それ以前にまずは自身の結婚力を調べてみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

20代も後半に差し掛かってくると、徐々に「結婚」という二文字が頭をよぎってきます。

周囲の人もちらほらと結婚をするという話を耳にします。

 

「結婚ってなんだろうね」と思ってしまうような..。

過去の有名な偉人らの格言を見ても結婚に関してはあまり参考になるような事は少ないなと感じてしまいますよね。

 

 

<スポンサーリンク>

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -