一匹狼な人はどんな人?一人が好きな人にみられる11の特徴

 

あなたはひとりで居る事が好き、あるいは単独行動を好むタイプの人ですか?

僕自身、どちらかと言えばひとりで行動をする機会の方が多いですし、人に対して気を使う必要がないので好んで単独行動をする事が多いです。

ひとりでの行動が多くなると時々周囲から白い目で見られる事もありますが、個人的には自由行動ができるので、気分的にも楽だと感じてしまいます。

 

そこで今回は僕みたく「一人が好き」「一匹狼」という方について個人的に気になった事や該当しそうな人の特徴についてまとめてみました。あなた自身や身の回りに単独行動が好きそうな人が居ましたら、参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク>

そもそも一匹狼とは?

 

「一匹狼」という言葉は、一般的に言ったら「協調性が無い」「ボッチ(一人ぼっちの意味)」など、ネガティブな意味として使われやすい傾向があります。日本人はどちらかと言えば協調性を重視する国民性でもありますので、一人で浮いた行動をしている人に対してはあまり良い印象を持たれないかもしれません。

 

しかし本来は「自発的に単独行動をする」といった自立した精神の持ち主といった意味も含まれています。他人には依存せず、自分なりの価値観や信念を元に行動していく自立心のある人であるとも言えるでしょう。

 

一人が好きな人・一匹狼な人の11の特徴

 

特徴①:単独行動が充実している

 

一人だと食事をとれない人って時々見かけます。ですが、一人が好きな人にとってはそういった人の気持ちが理解しづらいのです。

何かしら行動する際は自分で決め、判断していこうとします。そのため、自主性に優れていると言っても過言ではありません。

もちろん、社会生活を営む上での団体行動には時に合わせる事も必要というのはあります。ですので、あまりにもベタベタした関係ではなくて適度な距離感を保ちつつ、なるべく接していたいと思っているところは少なからずある事でしょう。

 

今の時代、スマホやPC、タブレット端末など、ネットに繋がる環境さえあればいくらでも時間を潰せてしまいますからね。

特にお金をかけずとも始められる趣味もありますし、そういった意味でも一人で気軽にできる事でもあります。

 

一人好き

一人の方が充実する?好きな事で生きるメリット・デメリット5選

2018年11月23日

 

特徴②:どこか盛り上がりに欠ける

 

普段、一人で行動しても苦ではない生活に慣れてしまったせいか、飲み会の席や立食パーティなど、周りの人と盛り上がるタイミングが分からなくなる事があります。

単独行動に慣れてしまい、人に対して気を遣わずに済む反面、人とコミュニケーションをとる際に

「一緒に盛り上がった方がいいかな?」

 

などと、一応は合わせるものの本心では乗り気ではないため結局は単発に終わってしまう事も。お酒が入ると必ずと言っていい程口が回る人がいるので、その場合は自分が話すよりも聞き役に回る事に徹してしまうんですが。。

しゃべるのが苦手な人は会話を弾ませる事がちょっと苦手です。特に一人が好きな人は会話も面倒に感じてしまいます。

もちろん、相性による所もあるかもしれませんが。

 

嫌悪感

人付き合いが苦手というあなたへ。生き方に関する3つの提案

2017年3月13日

 

特徴③:必要以上に人と関わろうとしない

 

人との関わりがある以上、人間関係というものはトラブルが付きものです。相性の関係もあるので、必ずしもトラブルを起こすとは限りませんが、違う人間同士ともに行動をしていると意見の不一致という事態が訪れる事もしばしばあります。

相手の生活環境であったり、境遇などによって自分なりの感じ方や意見も形成されてくることでしょう。また互いに後に引けない状況であれば頑なに自分の意見を通そうとする場面も出てくる事もあります。

なのでそういった場合、双方の意見が対立しやすくもなりますし、なにかと衝突も避けては通れません。

 

ですが一方で、一人でいる事が多い場合そういったトラブルをあらかじめこじれる事無く回避している事となります。それによってメリット・デメリットも生じてくる事となりますが、人間関係に悩まされたり、過去にトラウマ級の失敗談を抱えてしまっている方にとってはメリットの方が大きいかもしれません。

それが短期的なものなのか長期的なものなのかは人それぞれかもしれませんが、一人でいる時間を多く取りたいという方にとってはなるべく大事にしておきたい時間ともいます。

 

特徴④:マイペースに一人で仕事をしたい

 

大なり小なり、一人好きな人は言い換えるとマイペースである事でしょう。

マイペースと言う言葉自体、一般的にはあまり良い印象では無い事なのかもしれません。共同でやらなければならない仕事であったり、集団生活をしていく上で足並みを揃えていかなければならない場合にデメリットとなり得てしまう事でしょう。

 

マイペース 猫

マイペースな性格は損?13の特徴と向いている仕事・生き方

2018年5月29日

 

一方で、在宅で出来る仕事で生計を立てていけるのであれば、人間関係のストレスも溜まる事もありませんので、一人好きの人にとっては理想的なライフスタイルを手に入れる事ともなり得るでしょう。

 

PCがメインの仕事の場合や、ハンドメイド作家など、会社勤めをする必要が無く家に居ながらでも収入が得られる事も可能ですからね。

会社の上司やクライアントに縛られる必要が減り、自分のペースでもって仕事を進めていく事が出来る事でしょう。ただし、収入面において不安定であったり、自分の能力が満たない場合などは苦労してしまう事もあるので、相応の努力が必要かもしれません。

人間関係のストレスは減るものの、経済的な面では本人の実力に左右されてしまうところはあります。

 

一人で出来る仕事15選。自分のペースで仕事をしたい人向け

2017年2月20日

 

特徴⑤:自分軸で行動をする

 

一匹狼の傾向がある人は、その人独自の物差しが行動基準となっていきます。その人自身が決めたルールや確固とした信念に基づいたものとなっている為、その意志は固い事でしょう。

一人で行動する事が苦にならなくなってくると、次第に周囲と距離を取るようになり、孤立しがちな存在となってきます。当の本人にとっては上でも述べたように単独行動を好んだ結果ですので、ある意味願望が叶った状態であると言えるかもしれません。

とはいえ、周囲の人から見ればまだ不思議な光景に見えるのかもしれません。自分から好んで単独行動をしているのにも関わらず、大きなお世話って思います。

 

特徴⑥:知らない人と話す事が嫌いではない

 

ひとりで行動する事が好きだという事で、単独行動が基本ではありますが、コミュニケーション能力が全く無いという訳ではありません。普段関わりのある友達は少ないかもしれませんが、初対面の人であったり、その場限りの一期一会の関わりの人とはなぜだか会話が弾む事があります。

今後もう会わないかもしれないその出会いというものに、価値を感じてしまう事があります。

 

単独行動が出来る人は、言い換えれば自立した人格が備わっているとも捉えられるので、意外にも人見知りをしないタイプのようですね。

こういう人って英語が話せない割に外国人の方と仲良くなるケースが稀にあります。案外、一人で海外旅行とか楽しめるタイプなのかもしれません。

 

特徴⑦:結婚についてのイメージが湧きづらい

 

一人の生活が充実してしまうと徐々に「自分で何でも出来てしまうのでは?」と思う事があります。そうなってくると、誰かといる事自体が面倒に感じてくる事もあります。

コンビニや通販を利用すれば生活していく上で必要なものは簡単に手に入る事が出来てしまいますからね。ネット環境が整っていれば家から一歩も外に出なくても、食料品から生活に必要なものを購入する事が出来てしまいます。

独身でいる事の方が人に気を遣わずに済みますし、自分一人の空間を大事にしたいというのであれば、なおさら結婚に対して疎ましく思えてしまうのかもしれません。

 

世間体もありますので、独身で居る事に対して引け目を感じる人は世の中にごまんと居る事でしょう。ですが生き方も多様化したこのご時世、独身を貫こうとする人も年々増えてきていると言われています。

一時期「独身貴族」という言葉が流行ったように、結婚をせず、自由を謳歌するために独身でいようとする事も一つの生き方となり得て来る事でしょう。

娯楽も多様化しているこのご時世ですし、汗水流して働いて稼いだお金を自分の好きな事に使えなくなってしまうという事は、正直耐え難い事でもある事でしょう。。

 

ただ、そうは言いながらも20代後半、30と年を重ねていくと気も変わって結婚を考えてしまう事も無い話ではありませんよね。。

周囲の同年代の知人、友人らが次第に結婚を報告するようになると、さすがに焦ってくるという事もあるでしょう。

果たして今の自分と相性が良い人が現れるのかどうか分かりませんが、まずは試しに楽天オーネットのような無料診断をしてみるのも良いかもしれません。

 

【▼無料診断申し込みはコチラ】

自分にピッタリな相手を見つける

 

特徴⑧:自分の趣味に時間を割きたい

 

自分がハマっている事や趣味として続けている事がある場合、そちらの時間を大事にしておきたいと思われるかもしれません。恋人や友人、仕事の同僚らとの付き合いに時間を割いてしまうと、彼らに時間やお金がかかってしまって自分のやりたい事が出来なくなってしまいますからね。

また、結婚をした場合家族や家のローン等のお金がかかってしまうため、なおさら趣味に費やせるお金も減ってきてしまう事でしょう。

 

これは特に「独身で居たい」という方に共通して言える事かもしれません。

テレビゲーム、模型作り、コレクター、etc など一人でも出来る趣味は数多く存在しますし、場合によってはお金のかかる趣味もありますので、交際費にお金をかけたくない場合こちらにお金をかけてしまう事となってくるでしょう。

人との出会い、付き合いが活発でなくなると少子化がより加速してしまうかもしれませんが…。

 

趣味に生きる

趣味に生きる事は出来る?乗り越えるべき3つの課題と叶え方

2018年1月27日

 

特徴⑨:人に対して関心が薄い

 

人に対しての関心が薄まってくると、徐々に同じ時間を共有したいと思えるなくなってしまいます。

今の時代ネット環境がほとんど揃っているのでパソコンを使えば知らない人とでも会話が出来ます。その分、バーチャルの世界での人間関係が出来てくるので、尚更現実世界の人間関係が疎かになっていきます。

LineやSkypeの通話機能などで会話する事が出来ますし、SNSでの近況報告を取り合う事が出来てしまいます。

結局は画面越しとは言え、同じ人間を相手にする訳です。ただ、実際に会って分かち合う事とそうでないのとでは違う感覚になってしまいます。

 

特徴⑩:物事に対してストイックに取り組む

 

周囲の雑音に流される事なく、自分の信念に沿った行動をしていきます。その為、自分の仕事に対する責任感も強く、ストイックに打ち込んでいきます。

また仕事に限らずとも趣味などにも一生懸命。自分で決めた事に対しては熱心に打ち込んでいきます。

 

特徴⑪:ミステリアスな雰囲気を醸している

 

精神的に自立している為、必要以上に人と関わろうとはしません。その為、周囲の人からしてみたらどこか現実感が無くミステリアスな印象を持たれがちです。

人当たりが良いタイプでは無いので、そのような印象を持たれやすいのかもしれません。

 

まとめ

 

一匹狼、一人が好きなひとの特徴についてまとめました。人に依存しなくとも自立して生きていける人というのは、カッコいい反面どこか羨ましがられる生き方であるのかもしれません。

 

関連記事(一部広告を含む)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

「嫌いな事は極力せず、好きな事には好きなだけ」をモットーに日々を生きております。美大を卒業後、半ニート生活を経て今はブログで生活中。また同時進行で絵の制作もしております。このブログでは、絵の描き方についてであったり、なるべく自分がやりたい事をやって生きていく為の方法について書いています。最近は日本の文化・行事についても興味があります。これを読んでいるあなたに、何かしら参考になる記事があれば幸いです。