2017/03/11

ラインスタンプ作りに挑戦するメリット 12選

 

Pocket

 

イラストを描いたりする事が好きな人はラインスタンプを作ってみた方がいいと思います。

お金の為だからなどと言う訳ではないですが、
自分が出したアイディアが場合によってはすごい金額にもなり得ますし、
何よりも好きな事がお金になるっていうのは楽しいと思います。

今回はそんなラインスタンプ作りに挑戦する為の12のメリットを
紹介していきたいと思います。

 

ラインスタンプ作りのメリット

メリット

 

ラインスタンプとはLINE運営側が始めたサービスの事で、
メールでのやり取りの際に自分の感情を代弁してくれる
キャラクターや可愛らしいイラストを用いて表現してくれるアイテムです。
ラインを使った事のある人でしたら一度は使った事があるのではないでしょうか?

 

購入代金も42個セットで(メイン、トークルーム画像含む)
100円とリーズナブルなのでお手軽に購入をする事が出来ます。
そして自身の収益となるのはその内の半分となります。

ダウンロード数が増えれば増える程収益も増えてくるので
モチベーションも上がってきますね。

 

その1 無料で誰でも始める事が出来る

誰でも自由にスタート

 

まず始めに、こういったメリットがあります。
登録料もかからないので、お気軽に誰でも始める事が出来ます。

 

もちろん、「誰でも気軽に始められる」って箇所が引っかかってしまうかもしれませんが、
その分ライバルも全国、世界中にいるわけなので、
ニュースで取り上げられているような気軽に収入を得ていく事は難しいかもしれません。

 

実際に、私自身一番最初に登録をしたのは10月の後半でしたが、
その時点で10万人以上の登録者がいました。

そんな中から上位100番以内に入れないと一般的に言う「成功」と言える収入は
得る事は出来ないでしょう。

ですが、いくら申請しても無料なので、それを差し引いたとしても
やってみる価値というのは十分にあるのです。

 

その2 2014年6月23日より、世界10カ国で販売される

世界中

 

私はこれを聞いた事がラインスタンプを作る決め手となりました。
それまでは「機会があれば作ってみようかな?」という程度でしたが、
これを聞いた途端、市場規模が格段に増え、それに比例してチャンスが拡大したので
今やっておかなくては後悔するなと感じました。

 

ラインスタンプ販売国

LINE Creators Market Q&A参照

 

さらに、スタンプを販売する際に「販売可能な全てのエリア」を選択しておくと
10カ国で販売されるようになり、全世界230カ国で利用が可能となるのです。

 

アジア圏からヨーロッパ・アメリカ・カナダ・オーストラリアで販売も可能となったので、

その市場規模は一目瞭然ですね。

 

その3 一攫千金も夢ではない

一攫千金

 

先ほど述べた通り、世界中に市場規模が拡大したので、
一度人気が出てしまえば世の中にシェアされるようになり
一攫千金も夢では無くなります。

 

これは以前聞いた話なのですが、制作したスタンプが某有名まとめブログに掲載される事になり、
それによって認知度が広がって一日に70万円の売り上げを得たケースもありました。

また、キャラクターの表情や仕草がクセとなり、それによって人気が出たため
30000ダウンロードされた方もいます。

 

良いモノを作れば何かしらの方法で拡散されていく可能性がありますので、

面白みのある価値のあるモノを生み出せるように頑張りましょう。

 

その4 自分の力を試せる

チャンス

 

これは自分の力を見極めたいと思っている方にちょうどいいかもしれません。
趣味で始める人もいれば、このような方も当然ながらいたりします。

 

また、SNSやメディアに取り上げられるようになれば
それだけご自身の仕事にも繋がってくる可能性もなきにしもあらずと言った所です。

 

 その5 良い経験をする事が出来る

良い経験

 

スタンプ作りをする事で、今まで趣味で絵を描いてきた人は
どうやったら人に使ってもらえるようなスタンプを作れるかについて
考えを巡らせる事が出来ます。

実際にヒットして売れたら儲けものではありますが、
何度も挑戦をする事が出来るため、
その都度改良点を模索しながらスタンプ作りに励む事が出来ます。

 

失敗を恐れる事無く、チャレンジ精神を養うきっかけとなるはずです。

 

その6 アイディア勝負

アイディア勝負

 

自分のアイディアをカタチにする事が出来ます。

ネタに走るのも良し、面白みを追求するのも良し、愛されるモノを作るのも良し。
やり方は多岐にわたりますが、
想像力を自由に働かせる事でより良いものを作る事が出来ます。

今までくすぶっていたアイディアを生かせる場がここにあります。

 

その7 イラストを作成するための基礎力が付く

イラスト基礎力

 

これは枚数を重ねていくごとに実感していく事ですが、描くイラストは全部で42枚となります。

最初は大変かもしれませんが、徐々に慣れていくにつれて
上達していく事が目に見えて分かるようになります。

 

最初と最後に描いたイラストを比べてみてもその差は一目瞭然です。
今後、イラストで生計を立てていきたいという方にとって
プラスとなる事でしょう。

 

その8 利用してもらうスタンプを作るため、非常に頭を使う

頭を使う

 

これはやればやるほど陥ってしまうかと思われますが、
「創る」という行為は非常に頭を使う事となります。

既存のものからではなく、新たに一から作っていく事は
とても大変な作業であります。

 

考えれば考える程に思考の罠に陥ってしまう恐れもあり、
徐々に抜け出せなくなってしまう事だってあります。

また、どこで良いアイディアが降ってくるかも分かりませんし、
アイディアを形にしていく段階で頭からするりと抜けてしまう場合だってあり得ます。

しかし、それを乗り越えた暁には良い結果が待ち受けていますので、
それを信じて突き進みましょう。

 

その9 忍耐力が付く

忍耐力を付ける事が出来る

 

これは勉強などにも当てはまりますが、
一つの事を成し遂げようとすると一定期間それに時間を費やす事になります。

 

「あーでもない。こーでもない」

と考えを巡らせる事によって、徐々に完成へと近づいていく事になります。

とはいえ、イラストを描き上げるだけでしたら平均で1週間程度で仕上げる事が出来るので
短期集中するには丁度良いのかもしれません。
回数を重ねていくごとにこの力が強化されていきます。

 

その10 デジタルイラストを描くための知識が付く。使用するソフトの機能の知識が身に付く

経験が出来る

 

いつかはデジタルイラストに挑戦しようと思っていても、
中々手を出せない事もあるのかと思います。

今は無料でも高機能のイラストツールをダウンロード出来るので、
誰でも手軽に使う事が出来ます。

 

しかし、それは調べてみないと分かり得ない情報となってしまいます。
今回の事がきっかけで、インターネットで調べるクセをつける事によって、
表現の幅を増やす事が可能となります。

 

その11 トレンドが分かる

トレンド

 

「実際に、今どのようなスタンプが売れているのか?」

これによってスタンプ作りが左右されてしまう事もあります。

やっぱり力を付けたい。そして欲を言えば収益を増やしていきたい。
そうなってくると今の時代の流れを読んでいく力が必要不可欠となってきます。
調べる事によって、マーケティングをする能力を養う事も出来ます。

 

人によっては、
「デジタル画がほとんど占めているので、アナログ調で攻めていけば目立ちそうだ」
などと考える人もいます。
それで成功する方もいましたので、戦略を立てて制作に臨んでいきましょう。

 

もちろん、それありきになってしまうと面白みが薄れてしまうため、
程々にした方が良いかもしれません。
第一に、自分が作っていて楽しいと思えるモノを作るように心がけておきましょう。

 

その12 ラインスタンプつながりで交流が広がる

交流

 

始めるきっかけは一人だったとしても、
色々と調べていくうちに様々な情報を仕入れていく事になります。
そうなってくると「必要な情報」というものが不可欠となってきます。

ですが、インターネット上には無数の情報が散らばっており、
どれを信じて行動に移していいのか分からなくなってしまう事もあります。

 

そこで、SNS上でラインスタンプ作りに携わっているグループを捜し、
そこに入る事で様々なノウハウから最新の情報を手に入れる事が出来ます。

それによって今自分がどの位置にいて、何を目標に作っていけば良いのかが
徐々に明確になってくるはずです。

 

同じ悩みを抱えている人も大勢いるので、
そういったグループに入る事で切磋琢磨し合う仲間を見つけていく事が
成功へと近づく一歩となっていきます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はラインスタンプ作りに挑戦するメリットについてまとめておきました。
これから始めようと思っている方にとって役に立ててもらえればと思います。

 

もし、制作に行き詰まってしまった場合、
これらを参考にしてくれればとと思います。

 

「制作」という行為は楽しいですが、同時に頭をとても良く使います。
ですので、始めは苦労を伴う事にもなりますが、続けていくうちに
見えてくるものが出てくるはずです。

では、ここまで読み進めて頂き、ありがとうございました^^

 

今までの ラインスタンプ制作の記事はこちらでまとめておりますので、

参考にしたいと思いましたらこちらへアクセスしてください。

 

 ・ラインスタンプ作成まとめはコチラ

 

前のページ:ステップ3へ

 

次のページ:ステップ5へ

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message