デッサン用消しゴム紹介〜練り消しとプラスチック消しゴム〜

デッサン用の練り消しで消す

 

今回の記事ではデッサンで主に使う消しゴムについて解説をしていきます。

デッサンをした事が無い方にとっては馴染みの無いものかもしれませんが、こういった道具があるのだと思ってもらえれば幸いです。

 

<スポンサーリンク>

練り消しゴム

 

デッサンをする際には、主に練り消しゴムを使うのが一般的です。

指で練り込む事で様々な形に変形する為、非常に自由度の高い消しゴムとなっています。

 

始めは空豆サイズを千切り、粘土のように手でコネながら使いやすい形にしていきます。

擦り付けながら消す方法、先端を尖らせて消す方法、押し付けながら消す方法など、用途によって使い分ける事が出来るので、デッサンにおいてはスタンダードな消しゴムです。

 

 

美大生の中では割と定番の練り消しゴムがコチラです。

動画では開封後すぐに使用してしまっていますが、新品特有の油分が乗っているので実際に使うにはしばらく放置しておいた方が良いかもしれません。

使い込む事によって画用紙と馴染んでくるので、長い期間使う事が出来るでしょう。

 

<スポンサーリンク>

プラスチック消しゴム

 

デッサンでは暗黙の了解でプラスチック消しゴムを使う事は禁じられています。

その言いつけを守り、僕はデッサンではプラスチック消しゴムを使った事が無かったので詳しい事は分かりませんでしたが、どうやら画用紙にダメージを与えてしまうようなんですね。

 

一度プラスチック消しゴムで消してしまうと、画用紙の凹凸を潰してしまい、修復が不可となりかねないので禁じられているようです。

 

ですが、個人的には使える場面では使っても良いものだと思っています。

プラスチック消しゴムは練り消しでは消し切れなかった場所までキレイに消す事が出来ますし、道具の相性によっては使える事でしょう。

 

 

一般的に売っている消しゴムでも良いですが、個人的にはMONOの消しゴムが馴染み深いかなと思います。

 

恐らく消しゴムの中では見た事が無いというくらい有名な消しゴムです。

普通の文房具屋などでも売っているので、そちらで用意してもらっても構いません。

 

まとめ

 

今回はデッサンで使う消しゴムについて解説しました。あくまでも主題はデッサンに重点においているため、イラストとは違って練り消しゴムの方が使用頻度が多いです。

 

逆にイラストを描く場合はプラスチック消しゴムの方が相性がいいため、用途を使い分けて描く事をおススメします。(イラストを描く場合は鉛筆よりもシャープペンで描いた方が描きやすいです)

 

 

30日コースから始める、1日10分で身に付くデッサン講座

ビジネスデッサン&スケッチ術【30日サポート版】

 

こちらもチェック

デッサン初心者入門書。おすすめしたい、押さえておくべき本7冊

さあ始めよう!これからアナログ絵画を描く人に勧めたい9種の画材

 

 

『デッサンのはじめ方』まとめページへ

 

デッサンのはじめ方

 

 

<スポンサーリンク>

関連記事(一部広告を含む)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ヒデキ

「嫌いな事は極力せず、好きな事には好きなだけ」をモットーに日々を生きております。美大を卒業後、半ニート生活を経て、今はブログでなんとか食べています。また同時進行で絵の制作もしております。このブログでは、絵の描き方についてであったり、なるべく自分がやりたい事をやって生きていく為の方法について書いています。これを読んでいるあなたに、何かしら参考になる記事があれば幸いです。