2017/03/21

「人生に疲れた」「休みたいな」と思った時の7つの対処法

 
落ち込んだとき

Pocket

 

端から見たら順風満帆な人生に見えたとしても、当の本人からしてみたら上手くいかない事も案外沢山あるものです。

人生には何かしら浮き沈みがあり、良い時がある一方で悪い時もあります。

 

そこで長い人生の中で、ふと立ち止まった際に

「自分は何をやっているんだろう」

とか

「人生にちょっと疲れた。少し休みたい」

などと思う事も出てくるのだと思います。

 

そんなとき、どう立ち直ればいいのか?

人には大小さまざまな悩みを抱えており、ある人にとっては些細な悩み事に思えても当の本人にとっては重大な決断を迫られる悩みである事もあります。

 

そんな時、周りの人が下手に慰める事によってその人を追い込んでしまう事だってありえます。

ですが、自分の人生なんですから、最終的に立ち直る為に必要なのは「これからまた頑張って生きていこう」という意思に他なりません。

 

もちろん、悪い時は永遠に続く訳でもありませんので、つまづいて身動きが取れなく感じてしまった時にどのように対処していくかが大切なことです。

今回は、そんな人生にちょっと疲れてしまった人の後押しとなってもらえると幸いです。

 

<スポンサーリンク>

人生に疲れたと思ったらやっておきたい事

 

疲れたらなるべく休むようにする

 

・試験に落ちた
・恋人に振られた
・親しい人・ペットと死別した

 

など、こういった場合精神的に落ち込んでしまう事もあります。

僕自身、昔飼っていたペットのウサギが亡くなってしまった際、酷く落ち込んでしまった時期があります。

 

長生きした末に老衰で亡くなってしまったものの、これまで連れ添ってきた過去の思い出を振り返ってしまうと悲しみに暮れてしまう日々が続いていました。

いわゆるペットロスというもので、何をしても手付かずな状態になってしまう程の落ち込み具合でした。

 

そういった際、精神的にも肉体的にも疲れてしまっている時には無理に動かずに十分な休息を得る事しか出来ませんでした。

何も手に着かないのであれば無理に動かずに休む必要があります。

 

疲れてしまっている時に限って思考が上手くまとまらなくなったり、挙げ句には小さなミスも目立つようになり、何かと周囲にも迷惑をかけてしまいます。

今の時点であなたが疲れてしまってどうしようも無いのであれば、そんな頑張った自分を褒めて、十分に休むようにしましょう。

そして、元気だった頃の自分を取り戻せるように備える事が大事です。

 

大切な時は「今」だと考える

 

あなたがいる場所は「今」という現在です。

過去に起きた出来事を振り返ると恥ずかしい思いだったり消し去りたいものであったりするかもしれません。

 

しかし、そう言ったものに囚われてしまう事は非常にもったいないです。

過去は過去でもうすでに終えてしまった事なのですから今のあなたにはどうしようもありません。

 

また、まだ起きていない未来に対しても不安を抱く必要はありません。

あれこれ悩んでしまった挙げ句、行動に移す事が出来ずにその場でただいたずらに時間を消費してしまうだけです。

 

大切なのは「今」です。

今を楽しむ事に精一杯になりましょう。

 

今の時代にも読み継がれている本を読んでみる

 

本は私たちに色んな気付きを与えてくれます。

特に時代をまたいで読み継がれている良書となる本にハズレはありません。

 

人にとって読まれる価値の無い本であれば時代とともに淘汰されてしまいます。

しかし、今なお売れ続けている本というものには時代を超えた普遍的な心理が今なお息づいているのです。

 

もしあなたがこの目まぐるしい時代に一人取り残されてしまう思いであれば、そういった書物を一度目を通してみてください。

今まで無かった新しい気付きを得る事に繋がるでしょう。

 

日光を浴びるようにする

 

独りになりたいとき、ついつい部屋に閉じこもってしまいがちになります。

家の中にはテレビもインターネットも出来る環境が多くの家庭では備わっているので、わざわざ外出する事なくいられます。

 

今ではAmazonや宅配サービス等が充実しているので家にいながらでも不自由する事はないでしょう。

しかし、いつまでも家にいてしまうと、いずれ体調の変化にも悪い影響を与えてしまいます。

 

日の光を浴びる事によって心のバランスを整えるセロトニンが生成され、体に良い影響を与える事が出来ます。

それによって気分もいくらか晴れてくるので、日光浴は欠かせないように心がけましょう。

 

動物と触れ合ってみる

 

精神的に疲れてしまう事のほとんどは人間関係でのトラブルが多いです。

現にそれで鬱になってしまったり、精神的に追い込まれてしまう人が後を絶ちません。

 

一方で、動物は本能の赴くままに生きています。

人間とは違い、余計な駆け引きをする事無く触れ合う事が出来ます。

 

また、動物の目を見るととても無邪気な目をしています。

もしあなたがなんらかのペットを飼っていないのであれば公園や動物園などに足を運び、癒されてみてはいかがでしょうか。

 

人生で叶えたい夢をもう一度振り返ってみる

 

あなたの子供の頃の夢は何でしたか?

人は人生経験を経ていく事によってあらゆる事を学習し、経験していきます。

そう言った中で、現実的に実現が困難だと感じてしまった際、やむなく切り捨ててしまった出来事もあったと思います。

 

もちろん、それは生きていく上で場合によっては必要になってきます。

最低限の生活を得られないのであれば、現実生の無い夢というものはどうしても後回しになってしまうのです。

 

しかし、ふと時間が空いた時にかつての夢を思い出してみてはいかがでしょうか?

そこにこれからの人生を経ていく為の活力であったり、指針だったりと見えてくる可能性もなきにしもあらずです。

今一度、過去の自分を振り返ってみてワクワクしていた頃の無邪気な自分に返ってみてはいかがでしょう?

 

<スポンサーリンク>

今まで出来なかった趣味に没頭してみる

 

日々忙しい生活を送っていると自分が好きな趣味ですら遠ざかってしまいます。

忙しさのあまり、心身ともに疲れてしまうのであればたまの休日は自分の好きな事に没頭出来るような時間を作ってみましょう。

 

そうする事で気を充電する事が出来、明日への活力がみなぎってきます。

 

まとめ

 

誰にでもふとした瞬間に疲れがたまってしまっている事があります。

そんな時は自分に無理をせずにプレッシャーも感じずに出来る事からはじめてみましょう。

 

あなたはあなたのままで良いのですから、もっと自分を大事にして、今後の人生を充実させていけば良いんです。

人生に疲れてしまった際は、心身共に休めるなどあまり無理をせず自分を労わってあげてくださいね。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message